So-net無料ブログ作成

念願の・・・、女峰山! [    ⇒日光周辺]

10月19日の金曜の夜出発し、雨の中日光へ向けて車を走らせ車中泊 でも、ちゃんと天気予報もチェックしてきたから明日は晴れる・・・はず? 

翌朝、目を覚ますと予報どおり しかし、現地に着いてからどの山にしようかと打ち合わせ。なんて行き当たりばったりの山行なんだろう・・・。

時間と行程を考えて、今回は女峰山に決定 夏に一度登頂候補に挙がったものの天気に邪魔され断念していた山です。

山頂付近のアレ、白いやつ、雪だよね~ ひぇ~、もう雪が積もってるんだぁ。でも、紅葉と雪が一度に楽しめるなんて、まるで・・・、まるで・・・、アルプスの山のようじゃない~

しかし、やたら遠くに見えるし、やたら高い山に見えるよ・・・。 登れるのかなぁ  8時半スタート。

今回は、志津林道から女峰山を登り帝釈山を回ってくるコースです。 女峰山に向かっていく途中、右手には男体山。去年登ったなぁ、男体山。山頂付近はやっぱり雪が積もっているようです。

女峰山には予想を裏切らないなかなかキツイ上りが。ガレ場をやり過ごし、やっと山頂! と思ったら。期待を裏切るこの展望。ガスで何も見えない やるな、2,483Mの200名山。

日光三険の1つという『馬の背わたり』 ガスで視界も悪い上に雪が積もってるから更に恐怖。 でも、落ち着いていけば、全然大丈夫~。山はあっという間にガスがかかって眺望が利かなくなるけれど、逆に晴れる時もあっという間。

次第にガスが晴れてきて・・・。正面には目指す帝釈山と、夏に登った大真名子・子真名子山まで見渡せました。自分が登った山が眺められるというのはなんとも嬉しい

そして振り返ってみると、女峰山がこんなによく見えました 雪は特に山の北側に多いみたいです。

帝釈山の山頂からは、太郎山がこれまたよく見えました。今年はこの太郎山(300名山!)と女峰山を制覇しようと目標を立てていたのに、雨に阻まれ挫折の色濃く、来年に持ち越しになってしまいそう・・・。なんとか来月行けないかなぁ。

帝釈山からの下りは結構急で足場もあまりよくない上に、眺望もなく黙々と歩いてきましたが、志津林道に下りてきて振返ると帝釈山もなかなかの錦をまとっているではないですか。歩いてる時は気が付かなかったけど。

帰り道、夕日に照らされる山は黄色が一段と鮮やかに見えました。今回の相棒は、ひーくんととしくんです。私とひーくんはカメラ片手に山と紅葉を満喫したものの、としくんは手ぶらだったため、ちょっとのけもの感を感じたのか若干スネてました。 今度はみんなで撮影会しようね~としくん!

今回の山の評価 : ★★★★☆  ふぁ~、最高ランクでもいいくらい。

また行ってもいいなぁ、と思わせる山でした。

女峰山


nice!(17)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 13

ガンバルおやじ

本当に山の天気は変りやすいですよね。
今回は紅葉に雪と見ごたえ十分で羨ましいです。
やはり苦労しないといけませんね。
by ガンバルおやじ (2007-10-28 09:05) 

CARRERA

すごい積極的な山登りです。
紅葉と雪がマッチして最高のロケーションです♪
by CARRERA (2007-10-28 11:31) 

OJJ

紅葉と雪を一度に見られるなんて羨ましい・・・行き当たりばったりで2500mの山とは凄いガッツ!!行き倒ればったりにならないように「ご利用は計画的に!」ナンチャッテ・・・
by OJJ (2007-10-28 14:19) 

みね

ガスが切れると、素晴らしい眺めですね。
景色の良い稜線歩き、してみたいです^^
by みね (2007-10-28 21:47) 

ひろたん

綺麗だよ^^
また見せてくださいね
by ひろたん (2007-10-28 22:40) 

blanca

綺麗!!!!!率直ですが、カメラは何を使用されてますか?
私のデジカメちゃんもそろそろ5年ものなので、買い換えを考えてます。さるぽぽさんの写真は本当に絵画のごとく鮮やかで、いつも惚れ惚れしております。
by blanca (2007-10-28 23:49) 

あき

天候にも恵まれ、リベンジ成功しちゃいましたね。
鮮やかな山々の素晴らしさが伝わってきます。
同じ山行の違う視点からの記事を読めるのってすごく楽しいです。
防寒グッズを準備すれば“11月の太郎山で撮影会”は可能でしょうか?
ぜひ行きたいものです。
by あき (2007-10-29 01:44) 

火水隊選手

念願の女峰登頂よかったですね、
頂上の針葉樹林帯の深緑と麓の紅葉のコントラストが見事ですね。
まさに錦秋といえる白樺林、GOODな山旅ですね。

先日行った大平下のぶどう畑もだいぶ色づいてました。
by 火水隊選手 (2007-10-29 01:56) 

雀翁

落ち葉の道をサクサクと歩いていくのは、秋の山の楽しみですね。
カメラ片手に歩いていると、私の場合、いつの間にか写真をとりすぎてしまいます。PCに落とす前に、どれを削除すべきか悩みます...
by 雀翁 (2007-10-29 20:32) 

くんひー

お疲れ様でした~。
女峰山、期待以上の山でしたね。
残る太郎山も、何とか今年中に制覇したい!
でも安全第一かな。
by くんひー (2007-10-29 23:18) 

さるぼぼ

★nice!&コメントありがとうございます!

★ガンバルおやじさん
山好きな私としては『苦労は買ってでもせよ!』なんですね~。
紅葉と雪が一緒にって言うのはなんとも素晴らしいです!

★CARRERAさん
一緒に山登りをしてくれる息子さんがいるのが羨ましいです。
いい景色も1人よりもよさを分かち合える仲間がいたほうがひとしおですね。

★OJJさん
西日本にはあまり高い山がないのだと聞きました。
近くに山があるのがありがたいです。
さすがに、行き当たりばったりはリスクが高いかも?
山岳保険に入らないと・・・?

★みねさん
稜線はとっても気持ちがいいです♪
しかし、そこに至るまでには急登があったりするのです。
物好きとしかいいようがないかも?

★ひろたんさん
そう、頑張って太郎山も制覇したいです!
頑張りまーす!

★blancaさん
私のはキャノンの ixy900is です。
コンパクトなので、山でも大活躍です♪
5年使えばそろそろ買い換えてもいいかもしれませんね~。
私のやつは出てからもう結構経つので安くなってるんじゃないかな?
候補に入れてやってくださいね☆

★あきさん
やっぱり、防寒対策は必要ですね。
山頂は風が強いし! 私は山頂ではフリース着てました。
早く、杖もデビューさせなくちゃいけないだろうし、
ここはひとつ、防寒グッツの購入を要検討ですね!!!

★火水隊選手さん
長いこと夢見てきた女峰山、ようやく制覇となりました・・・。
竜頭の滝辺りはそうとう混雑していましたが、山の方はガラガラでした。
みんな山の良さを知らないんでしょうね。
大平下のぶどう団地は有名ですよね。やっぱり秋ですね。

★雀翁さん
写真を撮りすぎちゃう気持ち、わかります~。
私はひたすらシャッターを切ってしまうので、同じような写真が山のように。
同じような写真なのに、どれを消していいのか決められないんです。
もっと腕を上げなくては!

★くんひーさん
いい山に行くと、また生きたい気持ちがいっそう強くなりますね。
太郎山、なんとかできないかなぁ。
安全第一ということは、冬山はパスですか?
by さるぼぼ (2007-10-31 21:28) 

nikkin

さるぼぼさん
初めて拝見するブログです。びっくりです。活動的ですね。
エネルギーの大きさにも、また写真技術の奥深さにも脱帽です。
これから欠かさず訪問させていただきます。
by nikkin (2007-11-07 12:23) 

さるぼぼ

★nikkinさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます!
山に目覚めてからというもの、日光は最高のワークフィールド。
でも、全て天気に左右されてしまうんですよね。
今週末はどこへも行けず、残念です・・・。
またご訪問くださいね♪
by さるぼぼ (2007-11-10 08:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。